会長挨拶

三重県立稲生高等学校同窓会
 2代目会長 酒井 貴規(さかい たかのり)<第1期(1986年)卒業生・普通科>

 同窓会会員の皆様方におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。
 私は、中学から高校まで同じクラブで高3のクラスメイトでもあった初代会長の大瀬弘文さんから、2013年の定期総会で会長の大役をバトンタッチされ、2代目会長に就任しました。
 私は稲生高校第1期卒業生です。私が稲生高校に入学した当時は、校舎が現在の東側半分しか建っておらず、体育館(第1・第2共に)もプールもクラブハウスやグランドのナイターもなく、オールウェザーの陸上トラックなんて当然ない、バスケットボールをドリブルしても跳ね返ってこないやわらかい土の屋外バスケットコートなど、現在の稲生高校の充実した体育設備からは想像もつかないような貧しい環境の中でのスタートだったのが懐かしい想い出のひとつです。  さてこの度、2016年7月に念願の「同窓会ホームページ《を開設させていただく運びとなりました。
 個人情報保護法施行や吊簿管理費用負担増等の諸事情により同窓会会員吊簿を廃止してからは会報の発送ができず、同窓会ホームページの開設の今日までは会員の皆様方へは同窓会からの情報発信ができなかったことをここにお詫び申し上げます。
 同窓会の目的は「会員相互の親睦を計るとともに、母校との連携を密にし、母校の発展に貢献する《ことにあり、同窓会ホームページは現代社会における重要なコミュニケーションツールとなり、会員相互の親睦を計る架け橋にもなると期待しております。
 稲生高校同窓会の歴史はまだ浅いですが、この先迎える創立50周年記念式典のご案内をはじめ、各期の同窓会の開催通知、また会員や在校生が大舞台で活躍する際の応援・支援など、我が母校「稲生高校《の吊を全国や世界に向けて発信する際の陰の応援団的な役割も果たしたいと考えております。
 私はまだまだ人生経験の浅い若輩者ですが、今後も会員皆様方のご理解とご協力、そしてご支援をお願いするとともに、我が母校「稲生高校《のさらなる発展に皆様といっしょに貢献していただきますようよろしくお願いします。

©2016 Ino High School Alumni Association, All Rights Reserved.